男は安心すると冷たくなる

スピリチュアル
男性の特徴
男性は、自分に100%惚れている女性を見ると
急に冷たくなります。
これは普通のことなのですが、
女性からするとよくわからない状況でしょう。
彼に好かれるために頑張っていても、
それは彼を安心させ、
彼があなたに対して完全に慣れてしまうのです。
恋愛は
常に新鮮さが必要です。
あなたが相手に過剰な愛を与えると
相手はそれを拒むようになります。
想像してください。
フライドポテトをあなたに食べさせようとしてくる男性がいるとします。
ひと口目は嬉しいですよね。
あなたのために食べさせてくれる彼、
しかし、
口の中いっぱいになっても
まだポテトを食べさせようとしてきたらどうでしょう?
「もういらない!」
となってしまいませんか?
これは、
あなたのために撮った男性の行動ですが
過剰にやりすぎて
嫌になります。
あなたは
相手が喜ぶと思って
自分がされていことを
相手に押し付けるのです。
これが意外とわかっていない人が多くいます。
でも安心してください‼︎
相手に愛を与えすぎて、
相手が冷たくなったからといって
相手があなたを嫌いになったわけではありません。
相手に過剰な愛を与えすぎて
彼があなたに飽きてしまっている状況でも
挽回できます。
今の状況はどん底と考えてください。
どん底は最低な状況です。
しかし、
これからは這い上がっていくのみ!
つまりこれからのあなたの行い次第で、
相手はあなたに夢中になります。
逆転の発想です。
これからあなたに相手が惚れる方法をお伝えします。
挽回の施策
まずこれからあなたがすることは
現状を変えなければなりません。
そのためには、
あなたは変わる必要がございます。
あなたは今、
相手に対して魅力的な存在ではありません。
これは自覚してください!

 

しかし、

これからあなたは

相手に対して

魅力的な存在になれるのです。

 

相手に愛を与えないようにしてください

 

「え、なんで?」

 

今のあなたに相手は満足してしまっております。

胃袋いっぱいにあなたの愛を溜め込んでいて

お腹いっぱいの状態です、

 

この状況から

相手に空腹感を与えましょう。

 

そのためには

今溜まっている

あなたの愛を抜く必要がございます。

 

安心してください。

相手があなたに対して空腹感(不満族状態)

になれば、

 

相手はあなたの愛を求めやってきます

 

ここからあなたの逆転劇‼︎

相手がこれからあなたに夢中になります。

 

この方法で

あなたに夢中にならない男性はいません。

 

これまでのあなたの行動は間違っていなかった。

 

あなたの与え続けた愛によって

相手は愛を蓄えすぎた肥満男性になってしまっておりました。

 

しかしこれからは、

あなたの愛に飢えた

ガリガリ男性にさせてしまいましょう。

 

あなたの与え続けた愛は無駄であありません。

 

彼を夢中にさせるステップ
彼をこれからあなたに夢中にさせるステップですが、
これから彼の脳内をあなたでいっぱいにしてきます。
そこで、
相手が1日であなたについて考える時間を
施術により増やすことです。
意図的にあなたについて考えさせる状況を与えます。
次に相手にこれまで与えていた安心感を
もう感じさせないでください。
いつもメールの返信を早くしていた人は
今から返事を遅くしてください。
これまではあなたの返事が早いことで安心していたのが
今からあなたの返事が遅くなったことで
不安に襲わせます。
あなたに対して安心しきっていたものが
これからあなたがどこ変えいってしまうのではないか?
という不安、恐怖感を与えます。
あなたのことを今までは舐めていた彼も
今日からあなたが何をしているのか
不安で不安で仕方がなくなり
あなたの行動が気になります。
頭の中には
あなたのことでいっぱいにさせましょう。
仕事中も
あなたのことでいっぱいになり
あなたを喜ばせようと
必死になり
あなたに対し好意的なアプローチが増えます。
急にサプライズされることも増えます。
これまでたくさんの恋愛をサポートしてきて
夢中にさせられなかった方はほぼいません。
関わったことがある人であれば
夢中にできないことはありません。
相手にエサを与え
食いついたら最後です。
夢中にさせてしまいましょう。
今は状況的に厳しくても
これからあなたに夢中になりますから安心してください。
どうしようもなく
八方塞がりの方は是非ご相談ください。
これからはあなたの時代
ここまで読んでいただけましたら
あとは相手をあなたに夢中にさせましょう。
相手の脳内にあなたをうめこ痛いのであれば
こちらの施術がオススメです。
この施術で相手を惚れさせましょう。
あなたの願望を私に叶えさせてください。
このご縁に感謝いたします。
長文読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました